自動売買システムの売買条件に組み込み可能なテクニカル指標

投稿者: | 2021年4月7日



 

自動売買システムの売買条件に組み込み可能なテクニカル指標

 

旧サイトにて、有料で公開していた「自動売買システムUG Plus」のブログ化、テクニカル指標についてのページです。

公開していた自動売買システムは、エクセル上で稼働するファイルで、プログラミングのコードの入力などは不要にて、自動売買や各種指標の計算、損切や条件設定を実現していました。

前項に掲載した売買条件詳細に組み込み可能なテクニカル指標について掲載しています。

 

 

自動売買システムUGPlusの旧サイトページのブログ化コンテンツの一部です。

ブログ化コンテンツの全体は目次のページをご参照ください。

 

売買条件に組み込み可能なテクニカル指標

さて、ここまでロジックについて解説してきましたが、次は「じゃぁどんなテクニカル指標があるの?」という話です。

設定できる指標は下表にありますが、それとは別にろうそく足の形、時間などを設定できます。

 

<組み込み可能テクニカル指標一覧>

・ ストキャスティクス(%K、%D、S%Dの三本)
・ 移動平均線(単純、加重、三角、指数平滑設定可。短期、中期、長期の三本)
・ MACD(MACD、シグナル、OSCIの三本)
・ RCI(短期、中期、長期の3本)
・ パラボリック・タイム・プライス(加速因子の最大値・最小値設定可)
・ コマ足
・ 乖離率(終値と何の乖離とするか設定可能)
・ ボリンジャーバンド(基準移動平均パラメータ変更可)
・ フィボナッチリトレースメント
・ 時系列カギ足
・ DMI
・ 一目均衡表(転換線、基準線、遅行線、先行スパン)
・ RSI(1~3の3本)
・ TRIX(2本)
・ ROC(2本)
・ 出動制限(1日の売買回数制限)
・ 時系列新値足
・ 線形回帰分析(2本)
・ ピボット
・ Schaff Trend Cycle-STC-(2本)
・ CCI(2本)
・ サイコロジカルライン(2本)
・ Ultimate OSI(2本)
・ FIRM ROC(2本)
・ ATRチャンネル(2本)
・ ZigZag(独自指標 1本)
・ DPO(2本)
・ RaSa(レジスタンスライン・サポートライン 独自指標)
・ QQE(3本)
・ ロウソク足の形(上髭・下髭・陰陽・大陰陽、詳細は下記)

 

いずれもパラメータは変更可能な指標は変更可。

テクニカル指標の設定1

テクニカル指標の設定1

 

 

 

上記のテクニカル指標をそれぞれの交差や、指定数値以上、指定数値以下、上昇中、下降中等の判断を組み込み、売買法を構築可能。

 

条件設定の指標選択画面

条件設定の指標選択画面

 

 

 

ロウソク足の形

ロウソク足の形を使用した条件に設定可能な内容です。

下記6種のロウソク足が出現した際に仕掛け、手仕舞いと条件を設定することが出来ます。

<ロウソク足>
・ 大陰線
・ 大陽線
・ 陽線上髭
・ 陽線下髭
・ 陰線上髭
・ 陽線上髭

それぞれの定義は設定可能。

ロウソク足の定義設定

ロウソク足の定義設定

 

 

 

時間による売買タイミングの制御

 

次に、時間による売買タイミングの制御です。

下記の4種にて、詳細な時間設定が可能となっています。

例えば、「指定時間前」と「指定時間後」を同時に設定することで、1分単位での売買タイミングの設定も可能です。

<時間>
・ 指定時間前
・ 指定時間後
・ 始値のみでの判断
・ 曜日による判断
・ 終値のみでの判断
・ 仕掛けからの経過時間

 

<組み込み可能な数値>
・ 始値
・ 高値
・ 安値
・ 終値(現在値)
・ 買値
・ 売値
・ 設定数値超
・ 設定数値未満
・ 上昇中
・ 下降中

 

時間指定条件設定画面

時間指定条件設定画面

 

 

 

 


次の項は任意計算機能についてです。

自動売買システムUGの概要と目次(旧サイトブログ化)

サイトコンテンツ「自動売買システムを作ってみよう!」


 

 

 

自動売買システムの売買条件に組み込み可能なテクニカル指標」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自動売買システムの条件設定の詳細、売買条件の組み立て | IBI-Square

コメントは停止中です。