【2022年版】 3月に上昇した銘柄。過去10年中で9割上昇している銘柄は!?

投稿者: | 2022年3月3日



 

過去10年間の株価の推移から、3月に上昇した銘柄、下降した銘柄を掲載しています。

過去10年のうち、10回あった3月で9回以上上昇してきた銘柄、下降してきた銘柄のみを掲載しています。

各銘柄の季節柄の特性などもあるのでしょうが、3月に上昇してきた銘柄は多数抽出されました。

 

 

【2022年版】 3月に上昇した銘柄。過去10年中で9割上昇している銘柄は!?

 

 

3月の前に、2月に掲載した銘柄はどうなった?

まず、先月の結果は別記事に掲載しています。

2月の結果は? 【2022年2月版結果】 過去10年、2月に上昇した銘柄、下降した銘柄。の結果。

 

先月は、下の4銘柄が「2月に上昇してきた銘柄」として抽出され、掲載していました。

 

3232 三重交通グループHD

3947 ダイナパック

8011 三陽商会

9873 日本KFCホールディング

 

各銘柄、1日始値~28日終値、または記事掲載翌日の8日始値~28日終値の結果はバラバラで、プラスの銘柄もマイナスの銘柄も発生しましたが、1%での利確ルールを見出す事が出来ました。

 

それを踏まえての3月です。

 

 

3月に上昇・下降したかどうかの判断と抽出の方法

 

銘柄の抽出方法については先月と変わりません。

手元にある全株価のデータのうち、東証1部、東証2部の、有効と思われる過去10年(2012年~2021年)の3月の株価の、始値から終値の差で上昇・下降を判断しています。

その間、高値や安値がどのように動いても、始値より終値が高ければ上昇、低ければ下降と判断しています。

 

銘柄の抽出方法は、過去10年の有効なデータのうち、3月のデータが9割を超える割合で上昇していた場合に上昇銘柄、9割を超える割合で下降していた場合に下降銘柄としています。

過去10年のデータですので、10年のうち9年分は3月に上昇していた銘柄と、下降していた銘柄です。

 

ちなみに、日経平均株価は、過去10年のうち、上昇5回、下降5回の五分五分でした。

 

<日経225平均株価>

2012年 上昇 +352円
2013年 上昇 +933円
2014年 上昇 +161円
2015年 上昇 +337円
2016年 上昇 +745円
2017年 下降 -317円
2018年 下降 -447円
2019年 下降 -285円
2020年 下降 -1932円
2021年 下降 -241円

過去10年、上昇5回、下降5回。

しかも、直近5年は5年連続下降しています。

 

 

3月に上昇してきた銘柄、下降してきた銘柄。

 

まず、3月に上昇してきた銘柄は、下記の62銘柄です。

銘柄コード、銘柄名、昨日(3/2)終値です。

 

1928 積水ハウス       2282.5
2053 中部飼料        1019
2267 ヤクルト        6340
2269 明治ホールディングス  6690
2281 プリマハム       2367
2487 CDG         1350
2503 キリンHD       1818.5
2593 伊藤園         6680
2659 サンエー        4135
2735 ワッツ         729
2811 カゴメ         2944
2910 ロックフィールド    1550
2918 わらべや日洋HD    1832
2930 北の達人コーポ     230
3021 パシフィックネット   1098
3038 神戸物産        3890
3091 ブロンコビリー     2172
3148 クリエイトSDH    3085
3349 コスモス薬品      16260
3361 トーエル        901
3387 クリエイト・レストランツ・ホール   707
3421 稲葉製作所       1295
3665 エニグモ        696
3950 ザ・パック       2593
4151 協和キリン       2866
4333 東邦システムサイエンス   920
4452 花王          5223
4465 ニイタカ        2418
4684 オービック       18310
4768 大塚商会        4280
4819 デジタルガレージ    4045
4828 ビジネスエンジニアリング   3830
4848 フルキャストホールディングス   2387
4912 ライオン        1452
4922 コーセー        12670
4967 小林製薬        9720
4985 アース製薬       5370
5819 カナレ電気       1529
5967 TONE        2926
6273 SMC         68410
6309 巴工業         2280
6845 アズビル        4300
6951 日本電子        6460
7487 小津産業        2034
7581 サイゼリヤ       2912
7605 フジ・コーポレーション   1180
7640 トップカルチャー    288
7701 島津製作所       3955
7730 マニー         1639
7921 TAKARA&COMPANY   1845
7956 ピジヨン        2078
7962 キングジム       878
8077 トルク         214
8273 イズミ         3255
8697 日本取引所グループ   2139
9384 内外トランスライン   1861
9602 東宝          4895
9605 東映          17330
9622 スペース        920
9627 アインホールディングス   6350
9636 きんえい        3030
9948 アークス        2166

 

 

3月は過去9割以上上昇している銘柄が62銘柄と多数に上りましたので、誌面の都合上個別の銘柄の推移については割愛させていただきます。

 

 

 

次に、9割超の確率で3月には下降していた銘柄です。(全24銘柄)

上記と同じく、値は昨日(3/2)終値です。

 

1737 三井金属エンジニア   1317
1963 日揮ホールディングス  1204
2668 タビオ         1015
2674 ハードオフコーポレーション   798
2816 ダイショー       1395
2894 石井食品        249
2907 あじかん        845
3109 シキボウ        901
3306 日本製麻        372
4623 アサヒペン       1983
4679 田谷          568
5271 トーヨーアサノ     1419
6391 加地テック       4280
6653 正興電機製作所     1151
7460 ヤギ          1290
7490 日新商事        925
7524 マルシェ        462
7915 NISSHA      1285
8203 MrMaxHD     565
9017 新潟交通        2090
9635 武蔵野興業       2146
9850 グルメ杵屋       1062
9885 シャルレ        435

 

 


 

以上、過去10年のうち、3月に上昇してきた銘柄、3月に下降してきた銘柄を掲載してきました。

 

この3月もそうなるかどうかはわかりませんが、2月の結果で掲載した通り、2月に掲載した4銘柄は、「仕掛値から1%の上昇で利確」という運用が可能でした。

 

尚、3月末日を待って、今回の記事の結果を掲載する予定です。

その際は、3月1日始値~3月31日終値の値幅と、この記事が3月3日公開のため、3月4日始値~3月31日終値、同時に3月4日始値~3月4日以降に最高値までの値幅(仕掛値から1%を取れたかどうかも含め)を基準としての成績掲載とする予定です。

 

<<今回の記事の結果(3月終了後の結果)>>

【2022年3月版結果】 過去10年、3月に上昇した銘柄、下降した銘柄。の結果。

 

 

 

銘柄スクリーニング

EA、MT4など

 

 

 

【2022年版】 3月に上昇した銘柄。過去10年中で9割上昇している銘柄は!?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【2022年3月版結果】 過去10年、3月に上昇した銘柄、下降した銘柄。の結果。 | IBI-Square

  2. ピンバック: 【2022年2月版結果】 過去10年、2月に上昇した銘柄、下降した銘柄。の結果。 | IBI-Square

コメントは停止中です。