ロジックメーカーLMの基本構造 検証シート、売買シート、集計シート

投稿者: | 2021年4月28日



ロジックメーカーLMの基本構造 検証シート、売買シート、集計シート

 

「ロジックメーカーLM」とは、ロジック、ストラテジーに使用する各種指標のパラメータ、利確・損切の値幅を、総当たり方式にて最適化し、より効率的なトレードの設定を見つける為のファイルです。

この項から旧サイトで公開していたWebマニュアルの内容に入っていきます。

ここでは、LMの基本構造として、検証シート、売買シート、集計シートについて掲載しています。

 

 

 

LMの基本構造 検証シート

 

 

ロジックメーカーLMの検証シートです。

検証シート

検証シート

 

上部左側(上記)に設定した通貨、時間足、検証の進捗、概算計算回数の一覧の他、設定画面呼び出しのボタン類が表示されています。(下記=上図左上拡大)

 

ロジックメーカーLMメイン画面

ロジックメーカーLMメイン画面

 

その下は、4本値のデータ部分です。

上部中央には、検証中のロジックの成績等が計算毎に表示されます。(下記)

 

ロジックメーカLMメイン画面

ロジックメーカLMメイン画面

 

内容は、検証期間中の総損益、総利益、総損失、取引回数、勝ち回数、負け回数、PF、ドローダウン等、買取引のみの集計、売取引のみの集計、売買両方での集計、及び、検証された組合せ中最良の内容です。

 

 

LMの基本構造 売買シート

 

売買シートです。

検証中の内容の、設定された条件のクリア数、売買の有無、利確・損切や手仕舞いの状況、保有状況を記録、計算しています。

基本的に表示・使用せずとも検証は実行されます。

売買シート全体

売買シート全体

 

一番左に検証シートに貼り付けたデータが自動で入力され、それ以降、組み立てられた売買条件をクリアしたかどうかなどを判断、計算する部分となります。

売買シート拡大

売買シート拡大

 

上述の通り、表示・使用しなくても検証上問題ございません。

 

 

 

LMの基本構造 集計シート

 

集計シートです。

検証完了後、基本設定で指定した値以上の成績を修めたパラメータの組み合わせの一覧が記載されます。

テスト後の検証成績一覧

テスト後の検証成績一覧

 

左側にパラメータの組み合わせ(黄色の文字)、右側にその組み合わせでの時系列データの期間内での総損益、総損失、勝率、PFなどが記載されます。

集計シート拡大

集計シート拡大

 

記載される内容は以下の通りです。

  • 総損益
  • 総利益
  • 総損失
  • 取引回数
  • 勝取引回数
  • 負取引回数
  • 勝率
  • PF ―― 総損益÷総損失
  • 最大ドローダウン(最大DD) ―― 時系列での最大利益後からのドローダウン
  • 最大連勝数
  • 最大連敗数
  • 1取引当たり平均損益 ―― 総損益÷取引回数
  • 勝取引時平均利益 ―― 総利益÷勝取引回数
  • 負取引時平均損失 ―― 総損失÷負取引回数
  • 瞬間最大利益 ―― 1取引の最大利益
  • 瞬間最大損失 ―― 1取引の最大損失
  • 日当平均取引回数 ―― 取引回数÷貼り付けられたデータの日数(足数ではない)
  • 日当平均損益 ―― 総損益÷貼り付けられたデータの日数(足数ではない)
  • 平均保有日数 ―― 1ポジションあたりの平均保有日数

 

 

 

 

 


(次の項目)ロジックメーカーLMの基本動作

(目次のページ)ロジックの指標パラメータ最適化 ロジックメーカーLM


 

 

 

ロジックメーカーLMの基本構造 検証シート、売買シート、集計シート」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自動売買システムUGの「再計算機能」や、MetaTraderのテスターとの違い | IBI-Square

コメントは停止中です。