DPO(計算式、チャート、エクセルVBAコード)テクニカル指標

投稿者: | 2009年3月30日



 

DPOについて、その計算式、エクセルVBA、チャートを掲載。

 

DPOはレートの上下の周期を抽出することを目的とした指標です。

 

 

 

DPOの計算式(Nは足数:偶数)

 

DPO = 現在値 – (N/2+1)本前のN本移動平均線

 

 

DPOのチャート

(DPO:10)

 

(DPO:26)

 

 

ついでに、DPOの5本平均と10本平均線です。

(DPO:10 5本、10本で移動平均化)

 

 

 

DPOのエクセルVBAコード

‘※ エクセルの1列目(A列)に行番号、2列目(B列)に日時、
‘※ 3列目(C列)~6列目(F列)に始値・高値・安値・終値
‘********************************
‘ dpo :DPOの採用本数
‘ num:現在の行
‘ r_now:現在値
‘ cell_ma:MA書込み列
‘ cell_dpo:DPO書込み列
‘********************************
If num – dpo >= 2 Then
If Cells(num – (dpo – 1), 6) <> “” Then
Cells(num, cell_ma) = Application.Average _
(Range(Cells(num – (dpo – 1), 6), Cells(num, 6)))
dpo_n = Application.RoundUp(dpo / 2, 0) + 1
If Cells(num – (dpo_n – 1), cell_ma) <> “” Then
Cells(num, cell_dpo) = r_now – Cells(num – (dpo_n – 1), cell_ma)
End If
End If
End If

 

 

テクニカル指標一覧

罫線談義一覧

(外部リンク)テクニカル指標(Wikipedia)

 

 

DPO(計算式、チャート、エクセルVBAコード)テクニカル指標」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: テクニカル指標からテクニカル指標を作る。DPOのストキャス化、平均足のライン化

コメントは停止中です。