【2022年版】 過去10年中10回の4月に9回以上上昇している銘柄 2022年4月版

投稿者: | 2022年4月3日



 

過去10年間の株価の推移から、4月に上昇した銘柄、下降した銘柄を掲載しています。

過去10年のうち、10回あった4月で9回以上上昇してきた銘柄、下降してきた銘柄のみを掲載しています。

各銘柄の、季節や時期による上昇、下降はもちろん、日経平均自体の推移も影響するのでしょうが、直近の2月と3月は1%ルール運用で利益となりました。

 

 

【2022年版】 過去10年、10回の4月に9回以上上昇している銘柄 2022年4月版

 

 

4月の前に、3月に掲載した銘柄はどうなった?

まず、先月の結果は別記事に掲載しています。

3月の結果は? 【2022年3月版結果】 過去10年、3月に上昇した銘柄、下降した銘柄。の結果。

 

先月は、全62銘柄が「3月に上昇してきた銘柄」として抽出され、掲載していました。

 

 

各銘柄、1日始値~31日終値、または記事掲載翌日の3月4日始値~31日終値の結果はバラバラで、プラスの銘柄もマイナスの銘柄も発生しましたが、1%での利確ルールを適用するとまずまずの結果となりました。

 

それを踏まえての3月です。

 

 

4月に上昇・下降したかどうかの判断と抽出の方法

 

銘柄の抽出方法については2月、3月と変わりません。

手元にある全株価のデータのうち、東証1部、東証2部の、有効と思われる過去10年(2012年~2021年)の4月の株価の、月初めの始値から、月末日の終値の差で上昇・下降を判断しています。

その間、高値や安値がどのように動いても、始値より終値が高ければ上昇、低ければ下降と判断しています。

 

銘柄の抽出方法は、過去10年の有効なデータのうち、4月のデータが10回中9回以上で上昇していた場合に上昇銘柄、10回中9回以上下降していた場合に下降銘柄としています。

 

ちなみに、日経平均株価の過去10年の4月の推移は、上昇5回、下降5回の五分五分でした。

 

<日経225平均株価>

2012年 上昇  +641円
2013年 上昇 +1489円
2014年 下降 -566円
2015年 上昇 +391円
2016年 下降 -53円
2017年 上昇 +208円
2018年 上昇 +1026円
2019年 上昇 +758円
2020年 上昇 +1507円
2021年 下降 -629円

過去10年、上昇7回、下降3回。

4月は日経平均は上昇し易い傾向にあります。(ただし、過去10年で日経平均自体が上昇しているという状況もあります)

 

 

4月に上昇してきた銘柄、下降してきた銘柄。

 

まず、4月に上昇してきた銘柄は、下記の4銘柄です。

銘柄コード、銘柄名、4/1の終値です。

 

3041 ビューティ花壇   264
6368 オルガノ     10050
6516 山洋電気      4860
6994 指月電機製     453

 

 

次に、9割超の確率で3月には下降していた銘柄です。(全4銘柄)

上記と同じく、値は4月1日終値です。

2345 クシム         530
2910 ロックフィールド    1485
4750 ダイサン        642
7637 白銅          2583

 

 


 

以上、過去10年のうち、4月に上昇してきた銘柄、4月に下降してきた銘柄を掲載してきました。

 

この4月もそうなるかどうかはわかりませんが、2月、3月で掲載した銘柄は、「仕掛値から1%の上昇で利確」という運用が可能でした。

3月に関しては、全銘柄合計で利益となっています。個々の銘柄は1%の上昇がなかった銘柄もあります。

 

尚、4月末日を待って、今回の記事の結果を掲載する予定です。

その際は、4月1日始値~4月30日終値の値幅と、この記事が4月3日公開のため、4月4日始値~4月30日終値、同時に4月4日始値~4月4日以降に最高値までの値幅(仕掛値から1%を取れたかどうかも含め)を基準としての成績掲載とする予定です。

 

 

 

銘柄スクリーニング

EA、MT4など