日経平均は何時に高値・安値を付けるか?

投稿者: | 2018年6月13日



 

日経平均は何時に高値・安値を付けるか?

 

一日のうちどの時間帯で高値・安値を付ける事が多いか?

 

検証してみました。

 

 

使用データは日経平均株価5分足、2013年2月22日~2018年6月6日までのデータです。

 

9時~15時の一日の中で、その日の高値・安値を付けた時間をカウントしています。

 

まず、集計結果を見てみましょう。

 

 





 

(表1) 日経平均 高値・安値を付ける時間帯(単位=回)

高値 安値
9:00 428 443
9:30 89 114
10:00 87 84
10:30 63 77
11:00 65 69
11:30 6 4
12:30 118 97
13:00 43 62
13:30 45 68
14:00 89 76
14:30 171 145
15:00 89 56

 

表中、9:00は9:00~9:29を指します。

 

ご覧の通り、寄り付きまたはその直後の9:00~9:29台が、その日の高値・安値を付けるのが最も多い時間帯となりました。

 

全体から見ると、9時~9時半の時間帯が、高値で33%、安値で34%の割合です。

 

それが高値となるか、安値となるかは分りませんが、約3割の確率で、寄り付きから30分がその日の最高値・最安値となります。

 

 

全体の分布は以下のグラフの通りです。

 

 

11:30は高値も安値も極小ですが、これは取引時間と集計時間によるもので、11:30はその時1回の値動きのみの集計です。

前場の終了時刻ですので、11:30につけた価格のみが高値か安値かのカウント対象となっています。

 

割合で言えば、1%以下です。

 

逆を言えば、前場の引け値が当日の高値や安値になることは、99%ないということになります。

 

 

 

と言うところまでで、

 

 

 

次回、一番高値・安値を付けるタイミングの多かった9時~9時半について。

 

更には、寄付きからどれくらい上下したかを見ていきます。

 

 

 

 

寄り付き後30分の値動き