2本のロウソク足の組み合わせを理解する (チャート力向上講座日足スイング編)

投稿者: | 2021年3月10日



 

2本のロウソク足の組み合わせを理解する (チャート力向上講座日足スイング編)

 

前項で単体のロウソク足で表現される大陽線、大陰線について学んできました。

ここからは、複数のロウソク足の組み合わせが高値圏・安値圏に出現した際に、その後の推移をどう示唆するかを見ていきます。

2本の足の組み合わせでは、ハラミ線、ツツミ線、タスキ線、切込み線、かぶせ線、ギャップについて掲載しています。

 

 

早速2本のロウソク足の組み合わせについてみていきます。

 

まずは、下記2つ。

 

ⅰ)はらみ線

下図のように、直前の足の中に納まって、当日の足が出現する組み合わせ。

高値圏で陽陰(下図左側)と出れば売りサイン、安値圏で陰陽(下図右側)と出れば買いサインとみなせる。

2本のロウソク足の組み合わせ ハラミ線

ハラミ線

 

ⅱ)つつみ線

下図のように、直前の足を本体に包んだ状態で、当日の足が出現する組み合わせ。

安値圏で陰陽(左図左側)と出れば買いサイン、高値圏で陽陰(左図右側)と出れば売りサインとみなせる。

2本のロウソク足の組み合わせ ツツミ線

ツツミ線

 

この二つの組み合わせ(はらみ線・つつみ線)を使用して、その後の相場の方向を予測して見ましょう。

2本のロウソク足の組み合わせ チャート1

チャート1

 

上記チャート1の様に、250円付近ででた安値圏のつつみ線を底として、上昇過程でツツミ線が出現。

354円を天井として、高値圏でのツツミ線が発生(直後の陰線はらみ線は高値圏での陰陽順なので除外)して下落に向かっています。

下降局面でのは、高値圏での陽陰ハラミ線で下落方向、直後に要因でのツツミ線でさらに下落方向です。

 

 

ⅲ)たすき線

安値圏では陰陽の順番で上昇方向に(左図左側)、安値圏では、陽陰の順番で下落方向、直前のロウソク足にかかる形で当日のロウソク足が出現。

安値圏で買い、高値圏で売りのサイン。

2本のロウソク足の組み合わせ タスキ線

タスキ線

 

下記のチャートのように、安値圏や押し目で出現の陰陽たすき線で買い、高値の陽陰たすき線で売り抜けます。

2本のロウソク足の組み合わせ チャート2

チャート2

 

タスキ線は、大陽線、大陰線と併用して考えるとわかりやすいサインとなります。

 

 

ⅳ)切込み線

安値圏にて、陰線のあと、陰線にかぶり、陰線より下方向に本体と足を延ばして陽線が出る形。

安値圏の出現で底を示唆し、買いサインとなる。

2本のロウソク足の組み合わせ 切込み線

切込み線

ⅴ)かぶせ線

直前の陽線に上からかぶさる形で陰線が出現。

高値圏で売りサインとなる。特に、上ヒゲが長い場合はその後の下落を予想可能。

2本のロウソク足の組み合わせ かぶせ線

かぶせ線

 

 

2本のロウソク足の組み合わせ チャート3

チャート3

 

146円を底に安値圏で切込み線が発生し、その後上昇に転じています。

上昇局面の225円付近でのかぶせ線は、その後の小さな上昇を見るとダマシでしたが、267円付近でのかぶせ線は、その後下落に転じており、天井を形成しています。

 

 

ⅵ)ギャップ(窓)

直前のロウソク足から空白を伴って当日の足を描画する形。

陽陽の場合、前日高値よりも当時安値が高く、陰陰の場合、前日安値よりも当日高値の方が低くなる。

安値圏の上昇過程の陽陽で買いサイン、高値圏の下降過程の陰陰で売りサイン。

2本のロウソク足の組み合わせ ギャップ

ギャップ

 

2本のロウソク足の組み合わせ チャート4

チャート4

 

 

 

 

ここまで、ロウソク足2本の組み合わせについてみてきました。

前回の大陽線・大陰線だけの判断よりも判断基準が増え、徐々に精度があがっていきます。

以降、3本以上の組み合わせの後、一定期間のロウソク足の並び(=チャートの形)からの判断も加わってきます。

 

 


次の講座:3本以上のロウソク足の組み合わせ

チャート力向上講座目次


 

 

2本のロウソク足の組み合わせを理解する (チャート力向上講座日足スイング編)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【チャート力向上講座】 相場で生き抜く技術、テクニックを磨く | IBI-Square

コメントは停止中です。