天井と底のパターンを理解する (チャート力向上講座日足スイング編)

投稿者: | 2021年3月10日



 

天井と底のパターンを理解する (チャート力向上講座日足スイング編)

 

前項までのチャートの型で、ボックス相場やペナント型の相場について学んできました。

次のこの項では、今度は、上昇トレンドの終わりである天井と、下降トレンドの終わりである底についてです。

天井と底のパターンについて、三尊型と二十型の各2種について学びます。

変化形も含め、どちらも頻出の天井・底の型ですので、シナリオの形成に多いに役立つと考えられます。

 

 

 

ⅰ)天井のパターン

まずは天井のパターンについてです。下記のようにいくつかパターンがありますが、ここでは代表的な二つを紹介します。

 

三尊天井

下図のように山が3つ並ぶ形の天井。

チャートの形 三尊天井

三尊天井

 

 

 

二重天井

下図のように山が二つ並ぶ形。二つ目の山を形成後、三尊天井になる可能性がある。

チャートの形 二重天井

二重天井

 

 

売りポイントとしては、山と山の間の谷の安値を下抜けたときとなります。(下図参照)

チャートの形 天井の型

天井の型

 

 

 

 

ⅱ)底のパターン

次に、底のパターンです。

こちらも天井と同じく2パターンですが、上記天井のパターンの逆になります。

 

逆三尊

下図のように、三尊天井の反対で、谷が3つ、山が二つ並ぶ底の形。

チャートの形 逆三尊

逆三尊

 

二重底

下図のように谷が二つと山が一つで形成される底の形。

チャートの形 二重底

二重底

 

 

今度は底のパターンですので、買いポイントとなる場所についてです。

これも天井とは逆でそれぞれの山の高値を上抜いた場所が買いポイントとなります。

チャートの形 底の型

底の型

 

 

 

天井の型と底の型の例

 

チャートの形 三尊天井例

三尊天井の例

 

チャートの形 二重天井例

二重天井の例

 

チャートの形 逆三尊例

逆三尊の例

 

チャートの形 二重底の例

二重底の例

 

 

 

 


次の講座:トレンドラインを理解する

チャート力向上講座目次


 

 

 

 

 

天井と底のパターンを理解する (チャート力向上講座日足スイング編)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ボックス型、ペナント型、N字・逆N字型 (チャート力向上講座日足スイング編) | IBI-Square

  2. ピンバック: 【チャート力向上講座】 相場で生き抜く技術、テクニックを磨く | IBI-Square

コメントは停止中です。